ブログ

もしもアフィリエイトからサイト登録削除された時の復活方法と注意すべきポイント!

もしもアフィリエイトから サイト登録削除された時の復活方法 と注意すべきポイント!

そのメールは唐突にやってきた…

差出人:もしもアフィリエイトサポートデスク

お?え?なになにこわい…

 

 

【重要】ご登録頂きましたサイト削除のご報告

 

 

「んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおママーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!😇😇😇😇😇😇😇😇😇」

 

本家amazonアソシエイトが通らず、もしもアフィリエイト経由でamazonアソシエイト申請したらすぐに提携されて喜んでいたのも束の間…

 

現在は運営様の寛大で迅速で親切な神対応により無事に復活して通常通り使えているのですが、もしもアフィリエイトを登録しようと考えている方や現在もしもを利用している方にはこうならないで欲しいです。

登録削除から復活できた経緯と、amazonアソシエイト関連でとあるトラブルに巻き込まれたのでその対処法もお伝えしたいと思います。

ブロガーさんの皆さんはご存知かもしれませんが、もしもアフィリエイトは本家に比べてamazonアソシエイトが非常に通りやすいことで有名です。
しかも報酬が最大10%上乗せ。

まだ登録してない方は是非登録してください。

もしもアフィリエイト公式サイトはこちら! 

 

自己紹介

そそ丸
そそ丸
3年目会社員×ブロガー@ssmrblog1011

投資歴3年×日本個別株・米国株・ETF・投信etc…

アイテムレビュー・出会い・投資などちょっぴり役立つ情報を幅広く発信

『自己投資×出会い×金融投資』で人生を豊かにしよう!…とか言いつつ完全に雑記ブログと化した男

 

サイト登録削除の理由

 

運営によるとサイト登録削除の理由は以下の通り…

もしもアフィリエイトサイト登録削除理由

・登録削除理由

必ずしも結婚を前提としない出会いのノウハウや出会い系アプリの掲載はご遠慮ください。

 

すまん、ゴリゴリに心当たりあります(白目)

今では完全な雑記ブログと化してしまいましたが、僕は当初マッチングアプリの紹介や出会いのノウハウなんかを書いていました。

 

そこでもしもアフィリエイトのガイドラインを確認すると以下のような記載が…

・アダルト、ポルノのコンテンツを含むサイト

アダルト、ポルノコンテンツが掲載されている
アダルトグッズの紹介、動画配信、画像サイト、小説などのアダルト、ポルノコンテンツ
不純出会い系(結婚を前提としない出会い、およびチャットレディ・メールレディ)もNG
バナーを一部掲載している場合もNG
児童ポルノ
18歳未満を対象物にし、性的興味を感じるものすべてNG
(写真、画像、イラスト、マンガ、映像等)

出典 もしもアフィリエイト

 

ちなみに運営からは2つの記事を指摘されました。

「【閲覧注意】自称パパ活女子と会ってバトってきた話」

「Tinderで垢BANされて利用停止になったけど力尽くで復活した話」

 

要は簡単に言うと、

運営
運営
おいお前、ガイドライン違反してるやないか。この記事削除しろや。完了したら返信して報告しろ。

ということです。

 

もしもアフィリエイトはRinker(リンカー)との相性も抜群で、気軽に商品やアイテムを紹介できるから使えなくなってしまうとめちゃくちゃ困る。

サイト登録削除されるとamazonも楽天も広告リンクが解除されてしまうため、広告自体はなくならないが商品のリンクをクリックしても「無効なリンク」と表示されてしまいます。

 

登録復活までの経緯

 

「【閲覧注意】自称パパ活女子と会ってバトってきた話」

「Tinderで垢BANされて利用停止になったけど力尽くで復活した話」

僕としてはこの2つの記事は結構反響があったので消したくはありませんでした笑

それに何より、こういう記事の方がぶっちゃけ書いてて楽しいんです!!ちょっとギリギリのラインを攻めるというか、あたおかな内容というか、活き活きしながら書けるんです!!

 

そんな思いがあったため、

そそ丸
そそ丸
そうだ…これは記事の内容が悪いんじゃなくて記事内にマッチングアプリの広告を貼ってるからいけないんだ…記事自体は悪くないんだ…

などと勝手に思い込み、記事内の広告だけを削除して訂正完了の旨を返信することに。

運営からの返信は以下の通り。

 

もしもアフィリエイトサイト登録削除理由

削除理由がわかりづらかったようで申し訳ありません。

もしもでは、必ずしも結婚を前提としない出会いに関する記事を掲載すること自体
広告の掲載やサービスへの誘導があるなしに関わらずNGとさせていただいております。

特に下記ページなどは掲載をご遠慮いただけますと幸いでございます。
指摘された記事のURL

 

いやいや、本当ご丁寧な対応ありがとうございます!!目が覚めました!!(本当は消したくない)

ということで指摘された記事を削除して再度メールを返信。

 

もしもアフィリエイトサイト登録復活

あらためてページを確認し、
サイト登録の復活を行いました。

なお、これによるプロモーションへの提携再申請や
広告の貼り替えなどは必要ございません
ただし、プロモーションの提携が
申請中になってしまっている場合には
再度、広告主様の審査が行われている状況ですので
審査結果が出るまでお待ちください。

 

無事サイト登録の復活を果たすことができました。

メール内容の通り、プロモーションを自分で再申請する必要はありません。
登録削除される前に提携していたプロモーションは全て自動で再申請されます。

 

…のはずなんですがここでひとつトラブルが起こりました(泣)

 

Amazonアソシエイトプロモーションだけ再審査落ち

 

無事サイト登録復活したものの、なぜかAmazonアソシエイトのプロモーションのみ再審査落ちしてしまいました。

もしもアフィリエイトにログインして確認してみるものの、アマゾンアソシエイトだけ「否認中」という状態になっていました。

他の楽天やYahooショッピングのプロモーションはちゃんと提携されていました。

 

しかも「否認中」となったまま提携申請ができない状態になっていたのです!

これはまずいぞと思い、もしもアフィリエイトのサポートにすぐに連絡。

もしもアフィリエイト amazon

お問い合わせ下さいました件ですが、
提携審査は広告主様が行っており
あいにく、もしもは関与することができません。
また否認理由も開示されないのが現状です。

以前、承認された後に
Amazonプロモーションで
否認となる可能性のある内容の記事を
アップされたということはありませんか。

否認後3日を経過すると再申請が可能となるため
上記詳細ページをご確認のうえ
審査がとおりやすい状態にして
再申請してみていただけますか。

 

さすがの運営様、対応が早いです…
メールを送ったら基本的に次の日には返信が来ます笑

要するに、

「もしもは提携審査に関与することができないから3日後に再申請してみてね。」

ということです。

 

実際に3日後には「提携申請」が可能になっていたため申請してみたところ、なんとその数時間後には提携完了のお知らせがありました!笑

もちろん広告リンクもそのままなので、既に記事に掲載している広告を新たに作り直すことはしなくてもいいみたいです。

 

これにて一件落着です…(疲れた)

 

サイト登録復活の申請をする際の注意点

 

サイト登録削除されてから復活するまでの簡単なフローは、

  1. サイト登録削除のメールが届く
  2. 指摘された理由を確認してサイトを訂正する
  3. 訂正が完了したらその旨をメールで返信する
  4. サイト登録が復活されるのを待つ

なのですが、

③で訂正完了の返信をしてから④のサイト登録復活するまでには時間差があります。

この際、もしもアフィリエイトにログインして自分でサイト再登録やプロモーション提携申請をしてしまうと、削除される前に提携していたプロモーションのリンクが変わってしまうようです。

もしそうなったらブログ内の広告を全て作り直して貼り直すことに…

鬼の作業量になってしまいますので、訂正完了メールを送ったら運営から連絡があるまで大人しく待つようにしましょう!

 

サイト登録削除された時の復活方法まとめ

 

以上が今回もしもアフィリエイトのサイト登録削除〜登録復活までの経緯になります。

  1. サイト登録削除のメールが届く
  2. 指摘された理由を確認してサイトを訂正する
  3. 訂正が完了したらその旨をメールで返信する
  4. サイト登録が復活されるのを待つ
  5. 登録復活後、自動でプロモーションは再申請されて基本的に提携される
  6. 提携されずに否認されてしまったプロモーションがあった場合、3日後に再申請を行う

実際、本当になんの前触れもなく登録削除報告が来ますし、復活するまで結構ソワソワします笑

Amazonアソシエイトのプロモーションが再提携されてやっとホッとしました笑

 

ただ、もしもアフィリエイトの運営様の対応は本当に素晴らしいです。

問い合わせの返信も早いですし、解決方法を提案してくれます。安心して利用できると確信できました。

現在もしもアフィリエイトを利用している方も、これから利用しようかなと思っている人も、くれぐれも僕みたいにならないようにお気をつけください…!!

 

やはり、もしサイト復活できなかった時に備えていくつかASPは登録しておくべきだと思います。
ブログ運営をしているなら最低でもこのあたりの定番どころを複数登録しておけば間違いなしです。